×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




荒俣宏の博物学的世界


  
       博物学の世紀                  パリ・奇想の20世紀

  
博物画ワンダーワールド〜荒俣宏コレクション(表)       同入場券


博物画ワンダーワールド(表)


荒俣宏の歴史的偉業 『世界大博物図鑑』 (外)


『世界大博物図鑑』 (内)

 私が荒俣宏の著作を始めて読んだのは、『帝都物
語』であった。
 『帝都物語』は、日本の幻想文学と陰陽道などの隠さ
れた精神史に光を当てた評論『本朝幻想文学縁起』の
小説版であり、『本朝幻想文学縁起』は、『世界神秘学
事典』の日本編を補完する性格を持っていた。
 コリン・ウィルソンは『オカルト』において、X機能と呼
ばれる潜在能力の開花に注目したが(荒俣自身、団精
二名義で、コリン・ウィルソンの『ロイガーの復活』の翻
訳を行っているが。)、荒俣の『世界神秘学事典』は、思
想としての神秘学、思考の形態学を鮮明にする特色を
もっており、隠秘科学において画期的な意味を持つ著
作だと思われる。思考を形態としてみるパースペクティ
ヴは、澁澤龍彦の『胡桃の中の世界』といった作品が
あり、『世界神秘学事典』は、いわばオカルト分野での
全面展開という趣きがある。
 ところで、日本の霊学というものが、本草学から派生
したように、荒俣にとっても神秘学は博物学の一部を成
すものであった。
  『帝都物語』から入った読者は、『世界神秘学事典』を
経て、『世界大博物図鑑』の世界にわけいる必要があ
る。そこにこそ、荒俣宏ワールドの核心があるのだか
ら。


映画「帝都物語」パンフレット


驚異の部屋・推薦のことば


ダーウィン先生地球航海記  荒俣宏訳 (外)


ダーウィン先生地球航海記  荒俣宏訳 (内)


福助の世界展 監修 荒俣宏 (表)


福助の世界展 監修 荒俣宏 (裏)


アレクサンダー戦記・しおり


「澁澤龍彦 文学館」より


「対談21世紀」(丸善)


執筆者に荒俣宏の名前が見られる


トップ頁にもどる



BGM 【Love Grow】
Performance by  Sion Sagiri