×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



隠秘學前夜〜日夏耿之介と酒井潔



 ここで日夏耿之介と酒井潔を取り上げるのは、澁澤龍彦・種村季弘・生田耕作らの仕事の先
駆者であるためである。

【日夏耿之介(ひなつ・こうのすけ)】1890〜1971
早稲田大学英文学博士。学匠詩人。下記に紹介した著作以外に、『海表集』、『美の司祭』、
『明治大正詩史』などの著作がある。

【酒井潔(さかい・きよし)】1895〜1952
本名、酒井精一。名古屋生まれ。下記に紹介した著作以外に『らぶ・ひるたあ』、『薫苑夜話』
などの著作がある。魔術・秘薬・性愛に関する文献を収集し、個人誌「談奇」を発行。



日夏耿之介著
『日夏耿之介詩集』
新潮文庫
昭和二十八年九月五日発行
平成六年七月二十日六版

解説:佐藤正彰
第一巻 咒文
第二巻 黄眠帖
第三巻 黒衣聖母
第四巻 轉身の頌
第五巻 拾遺篇
モンスタギュー・サマーズ/
日夏耿之介共著
『吸血妖魅考』
ちくま学芸文庫
二〇〇三年八月六日初版

解説:井村君江
第一編 吸血戚族考
第二編 欧羅巴吸血俗概観

吸血鬼譚(日夏耿之介)
日夏耿之介著
『サバト恠異帖』
ちくま学芸文庫
二〇〇三年九月十日初版

解説:井村君江
1 恠異・古譚
2 楚囚文学・焚書
3 神秘
日夏耿之介著
『日夏耿之介文集』
ちくま学芸文庫
二〇〇四年三月十日初版

解説:井村君江
1 出身地・幼少年期
落日を漁る少年
亡父を祭る文
母を偲ぶの記
飯田かたぎ
仲之町随筆
私の受けてきた教育
火戯記
白山御殿町
2 身辺文具
文房之記
新拾古玩記
蘭菊
羅山
秋香記
病窓雑誌
3 詩・俳趣味
回想の象徴詩派
学問恋愛モラルその他
春・季感・女詩人
秋の抒情詩
俳話詩語
4 作家趣味
鴎外先生の墓に詣づるの記
俊髦亡ぶ
吉江喬松博士と自分
与謝野晶子さんが逝かれた
杢太郎情調
詩集「沙金」
5 書籍趣味
美しき書籍の話
限定本のおもひ出
蒐書恠書散書
原本訳本くさぐさ
読書夜話
漫読臥読嗜読
春宵読書録
稀本ばなし
6 対話
神経文学遊談
詩榻茶談

書痴必誦 奢覇都南柯叢書緝綴の辞
奢覇都南柯叢書第一期刊行目録
酒井潔著
『悪魔学大全 I  愛の魔術』
学研M文庫
二〇〇三年十一月十九日初版

解説:澁澤龍彦・渡辺一考
第一部
第一章 愛の占術
第二章 妖術
第二部
第一章 呪詛
第二章 護符
第三部
第一章 恋の秘法
第二章 美容法
第四部
第一章 花言葉
第二章 愛に関する夢
第三章 宝石の魔術
第五章
第一章 妊娠に関する魔術
第二章 花界俗信
第六部
第一章 淫魔
第二章 黒弥撤
第三章 サバット(悪魔の夜宴)
第四章 魔術に対する処刑
酒井潔著
『悪魔学大全 II  降霊魔術』
学研M文庫
二〇〇三年十二月十八日初版

解説:澁澤龍彦・渡辺一考
降霊魔術
第一章 奢覇都・黒弥撤・淫鬼魔
第二章 降霊魔術
第三章 妖幻夜譚
第四章 天狗雑考
第五章 草木・動物・金石の魔法
第六章 護符呪法
第七章 占星術
第八章 聖天秘話
第九章 錬金術

論稿集
沙翁劇に現れた魔薬毒薬の研究
人造人間第一世ドロズの自動人形
ラヴィル元帥嬰児の血をもって淫惨なる悪
魔の弥撤を修する事
南方先生訪問記



トップ頁にもどる


BGM 【TitleRoop2】
Performance by Sion Sagiri