×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ヌーヴェル・バーグに至るまで 〜シネマ研究室(フランス篇)


 まず、ジャン・ルノワールの存在(その色彩感覚!)があり、そこからヌーヴェル・バーグが始
まった。
 ヌーヴェル・バーグというと、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、クロード・シ
ャブロル、ルイ・マルらが代表格であるが、エリック・ロメールの存在も見落としてはならない。
 ポスト・ヌーヴェル・バーグの代表格として、レオス・カラックスがいる。


ジャン・コクトー監督作品 美女と野獣(1945)/ジャン・コクトー監督作品 オルフェ(1950)/ジ
ャン・ドラノア監督作品(ジャン・コクトー脚本) 悲恋(永劫回帰)(1943) 


ジャン・ルノワール監督作品 黄金の馬車(1953)


クロード・シャブロル監督作品 美しきセルジュ(1958)


クロード・シャブロル監督作品 いとこ同士(1959)


E・ロメール監督作品 モンソーのパン屋の女の子(1962)/シュザンヌの生き方(1963)


ネーロ・リージ監督作品 ランボー 地獄の季節 (1971)


モーリス・ベジャール監督作品 そして私はベニスに生まれた


エドガルド・コザリンスキー監督作品 ジャン・コクトー、知られざる男の自画像 (1983)


映像で甦るジャン・コクトーの世界 エドガルド・コザリンスキー監督作品 ジャン・コクトー、知ら
れざる男の自画像(1983)/ジャン・コクトー脚本・監督作品 詩人の血(1930)/ジャック・ドゥミ
監督作品 グレヴァン蝋美術館(1958)/ジャン・コクトー監督作品 サント・ソスピール荘(1952)
/ジャック・ドゥミ監督作品 冷淡な美男子(1957)


クロード・ランズマン監督作品 ショア (1985)




レオス・カラックス監督作品 汚れた血(1986)


クロード・シャブロル監督作品 ふくろうの叫び(1987)


ジャン=ジャック・ベネックス監督作品 ベティ・ブルー インテグラル (1986〜91)


エリック・ロメール監督作品 夏物語(1996)


エリック・ロメール監督作品 恋の秋(1998)


フィリップ・ガレル監督作品 ギターはもう聞こえない (1991)


ルイ・マル監督作品 ダメージ(1992)


シリル・コラール原作・脚本・監督作品 野性の夜に (1992)


パスカル・フェラン監督作品 a.b.c.の可能性 (1995)


セドリック・クラビッシュ脚本・監督作品 猫が行方不明 (1995)




トップ頁にもどる



BGM 【KOF2001-nesutu】
Performance by Sion Sagiri